前の画像へ
次の画像へ

ペットを飼いたいという人にとっては、どの種類を飼うか迷ってしまうことでしょう。
犬や猫だけでなく、ハムスターやウサギ、爬虫類や熱帯魚などペットには様々な種類があるのですが、その中でもやはり高い人気を誇っているのが犬です。
ペットと言えば犬と言っても過言ではないほどの人気なのですが、なぜそんなに人気が高いのでしょうか。
犬をペットにして飼ってきた歴史はかなり古く、縄文時代までさかのぼり一緒に生活していたというので驚きです。
このようにペットとして現在飼われている他の動物と比べて、犬と人間は昔から一緒に暮らしたり共存したりしてきたので、現在でもペットとして人気が高くなっているのです。

犬を飼うときにおすすめの理由として暖かい触れ合いができることが挙げられるでしょう。
他の動物でも一応ふれあいはできるといえばできますが、犬と同じぐらい人気の高い猫は自由気ままな性格なのでおとなしく抱っこされていることは少ないですし、ヘムスターやウサギなどは可愛さや暖かさはありますが犬ほどまでは飼い主になつくことはありません。
爬虫類や熱帯魚にいたっては触れ合うことが難しく、成長を見守っていく楽しさを感じることがメインとなります。
その点犬を飼うと、犬種にもよりますが人間になつきやすく一度なついた犬は飼い主への信頼を示して甘えてくることも良くあるので、その可愛さからペットにする人気が高くなっています。

ペットとして飼うならおすすめしたいのは犬なのですが、人気が高い犬なのでその種類も豊富です。
チワワやポメラニアンといった小型犬は小さくてかわいらしい印象を与えてくれ、集合住宅などといった飼育スペースが狭い家でも飼育できるのが特徴です。
犬種によって賢く人懐っこいので、飼ううちに飼い主にどんどんなついてまるで家族のように思えてくる人もいます。
柴犬やボーダーコリーといった中型犬は運動量が小型犬と比べて多くなり、性格は温厚な犬種から活発な犬種まで様々です。
ラブラドール・レトリバーやセントバーナードといった大型犬は散歩の時間をとても長くとる必要がありますが、とても賢く人間の生活に欠かせない大切なパートナーのような存在になるでしょう。

動物としても人気の高い犬なのでいろいろな場所で犬と触れ合える体験ができる施設もあります。
そこで犬と触れ合うのももちろんかわいいのですが、やはり飼い主になついている犬と初対面の犬とでは甘え方が全然違います。

ペットと散歩することで自分の運動不足も解消!

ペットとして犬を飼うことのメリットは暖かい触れあいや癒しだけではありません。
犬を飼うときには定期的に散歩にいく必要があるので、飼い主の運動不足も同時に解消してくれるというメリットにも繋がります。
自分一人だとなかなか体を動かすのが億劫になりついサボってしまうという人も多いのですが、犬を散歩に連れていくという名目があれば定期的に運動をかねて体を動かすことができるのでおすすめです。

散歩をすることでメリットがあるのは飼い主だけではなく、犬にとっても様々な嬉しいメリットがあります。
まずペットにとっても運動になります。
体が小さくで運動量が少ない種類であれば、室内で遊んで触れ合いを行うことで運動不足が解消できるかもしれませんが運動量の多い種類や中型犬、大型犬であれば散歩が欠かせません。
家ばかりにいると運動不足になってしまうので、運動として散歩をすることで肥満を予防したり糖尿病や関節炎のリスクを減らしたりします。

その他のメリットとして、いつも家ばかりにいて外に出ない生活をしていると刺激がなくいつも同じ景色同じ環境の中での生活となり、ストレスが溜まりやすくなってしまいます。
外に出かけることで知らない犬や人、車や自然など様々なものや生き物に触れることで刺激を受けます。
嗅覚が優れているので、たとえ散歩の中で他の犬に出会うことがなかったとしても、道に残っていた臭いをかがせてあげるだけでも十分な刺激になるのです。
外の環境に日ごろから接していくことで、恐怖心を取り除くことが出来て最初は吠えていた犬があまり吠えなくなったり動物病院などどうしても外出しなければならないときに大人しくしていてくれたりといったメリットにもつながります。

飼い主との意志疎通を取るためにも大切です。
普段一緒にいても家だと他のこともあってなかなかかまってあげられないという人も多いです。
しかし散歩なら1対1で飼い主との愛着関係が結ばれ触れ合いを通してオキシトシンが分泌されます。
オキシトシンとは幸せを感じた時に出るホルモンのことです。
飼い主とのおでかけはそれだけで愛着関係が深まり癒しの効果も得られ、一緒に歩くという経験から意志疎通できるようになってきます。

犬は散歩中寒くないのか心配になる人もいるかもしれませんが、犬は人間と違って体温が高い生き物なので比較的寒さに強いです。
シングルコートよりダブルコートの毛の多い種類の方がより体温を保つ機能が優れていて寒さに強いです。