ペットを飼うことは情操教育にも良い!

ペットを飼うということは暖かい触れ合いができるだけではなく、他にも様々なメリットがあるのでおすすめです。
特にペットと過ごすことによって子供に良い影響を与えてくれ、豊かな心が育つと言われています。
情操教育と呼ばれるもので、勉強のように机に座って学習するものではなく、ペットとの関係の中から人間が本来持っている感情面の豊かさや情緒をはぐくんでくれるのです。

自分より小さいペットを相手にお世話することで責任感が芽生え、小さい生き物と接する優しさをはぐくむことが出来て情操教育に繋がります。
特に犬は種類によっては毎日の散歩やエサ、定期的なお手入れも必要です。
こういったペットに対するお世話を続けることで、生き物の命の大切さや責任感が自然と身についていきます。
百聞は一見に如かずとも言われるように、親が子供に責任感や命の大切さを何回も言って聞かせるよりペットを飼って触れ合わせる経験を積んだ方がより効果的に教えることが出来るというわけです。

またペットは鳴き声や表情などでその時々の感情を知らせてくれはしますが、当たり前ですが人間の言葉を発してくれるわけではないので何を伝えたいのか分かりにくいですし結局分からなかったということも多いでしょう。
何をしてほしいのか、今どういった感情なのかをその表情や行動から察してあげる必要があるので、子供ながらにペットと触れ合いながら相手の気持ちを汲み取るという読解力が身についていきます。
ペットがいつもより元気がなかったり食欲がなかったり行動が違うといった些細な変化にも気づいてあげるという経験を活かして、他人に対しても気遣いや人の心を察してあげられる読解力のある子に育ってくれるというメリットもあります。

ペットは人間のように嘘をついたり裏切ったりといったことはなく、飼い主に従順であることが多いです。
そのため子供が親に怒られてしまった時や兄弟喧嘩をした後などで傷ついているときに、そっと寄り添って癒してくれる存在となります。
言葉は通じなくてもコミュニケーションを取り、家族であり友達のような大切なパートナーとして接することもできます。

そして犬の世話は毎日継続的に行っていく必要があります。
特に中型犬や大型犬など運動量が多い犬種を飼うと毎日の散歩が欠かせなくなります。
そのため生活リズムが安定しやすく、規則正しい生活に繋がるというメリットもあります。
犬の世話を通して規則正しい生活リズムがつくのです。